大学歯科病院に行かなければならない症例や歯科クリニックでの歯科治療

>

歯科治療の在り方の変化

インプラント治療とは

虫歯や歯周病により、多くの歯を失ってしまうと、入れ歯をしなければ生活に支障が出てくると思います。
しかし従来の入れ歯は、歯茎に異物を被せる形で、食事をしていても食べている感じがしないと思われる方も少なくないと思います。あとは、最初は形が合っていても、使っていくうちに何だかグラグラするようになってくるという方もおられると思います。
そうしたグラグラを防ぐものもありますが、違和感は中々拭えないのではないでしょうか。
インプラント治療とは、簡単に言えば、歯がなくなったところに金属を埋め込み、そこを支台にして新たに歯を作るという治療になります。
歯茎に被せる入れ歯と違い、歯の土台を作るため、自分の歯で食べている感覚になるのです。食事も美味しく感じるようになり、生活にもはりが出てくるのではないでしょうか。

歯を削らない抜歯しないという治療法

通常、虫歯になるとその虫歯の部分以外も健康な歯をある程度削らなければならなくなります。
銀歯や白い被せ物、どちらをつけるにせよ、残った歯につけやすい形状にする必要があるからです。
しかし最近は、虫歯の部分だけを削るレーザー治療や、特殊な薬液を虫歯の部分に垂らして虫歯だけを溶かして除去するといった、画期的な治療法があるのです。
さらには、虫歯を殺菌して無菌化することにより、神経治療が必要だった歯を神経を抜かずに治療することも可能です。しかもレーザーは高温のため痛みもなく麻酔の必要もないというので驚きです。
こういう治療が普及してくれば、虫歯治療は痛いものというイメージを払拭でき、歯科医院は痛いことをするところではなく、歯の寿命を延ばしてくれる素晴らしいところであるというイメージがついてくるのではないでしょうか。








TOPへ戻る