大学歯科病院に行かなければならない症例や歯科クリニックでの歯科治療

>

かかりつけ歯科医を持とう

かかりつけ歯科医を決める基準

まずは自分の症状について丁寧に説明をして、さらに治療法も分かりやすく説明してくれる歯科医であるかどうかが、かかりつけ歯科医を決める大きな基準になります。
また、何かの時になるべく希望に沿った対応をしてもらえるかどうかも重要なポイントです。
急に歯が痛み始めて、とにかくこの痛みを何とかしてほしいという時に、予約の患者さんでいっぱいだからとにべもなく断られると悲しくなりますよね。せめて、待つけれどちょっと応急処置は出来ますとか何らかの対応をしようとしてくれる歯科医院の方が通いやすいと思います。
だからといって、ここは予約しなくても診てもらえるというふうに考えられても歯科医院としては困るので、そういう考えのもとに対応しているのだと思うところもあります。
どちらにしても、話を聞く態度をとってもらえるところは良い歯科医ではないかと私は思います。

いつまでも健康な体でいるために

口腔内は全身の健康にもつながるので、かかりつけ歯科医は長い付き合いが出来そうな歯科医の方が良いでしょう。
治療が終わったらそれで終了とするような歯科医院はやめておいた方が無難です。
治療が必要な歯だけではなく、その他の歯や歯茎の状態、歯並びなどを診てトータルでアドバイスしてくれるような歯科医であれば安心です。
例えば噛み合わせに不安があり、この先体調にも影響が出てくると考えられれば、矯正歯科専門の病院を紹介してくれるというような、他の歯科医院とも上手く連携がとれているかということも、かかりつけ歯科医を決める基準になるのではないでしょうか。
あとは、やはり相性が良いかどうかです。長い付き合いになるので、腕は良いけど行くと何だか疲れるような歯科医はやめておきましょう。


TOPへ戻る