大学歯科病院に行かなければならない症例や歯科クリニックでの歯科治療

>

大学歯科病院と歯科クリニックの決定的な違いとは

保険診療が中心の歯科クリニック

保険診療とは、保険の範囲内で行われる治療のことで、初期虫歯では白いプラスチック状の詰め物をしたり、少し深い虫歯であれば銀の被せ物を入れたりするのが一般的な保険診療になります。
また、ブリッジやプラスチックの入れ歯も保険診療の範囲内です。
昔の歯科治療はこの保険診療が主流だったので、銀歯を詰めている方は珍しくなかったと思います。もちろん今もそれほど珍しくはありませんが、健康上の問題が少し取り沙汰されるようになった為か、あまり銀歯に良い印象を持たなくなってきたような気がします。
保険診療を主としている歯科医院は、歴史が古いところが多く、昔馴染みの患者さんが多いため、院長が高齢の方が多いように思えます。
患者さんも高齢の方が多いため、どこか懐かしい感じがして心地よいと思います。

自由診療が中心の歯科クリニック

今は歯科医院もサービス業と言われるくらい、経営にシビアな院長が多いと思います。
保険診療も経営を安定させるのに重要なものですが、やはり売り上げてナンボの世界でもあるというのが現実です。
しかし決して無意味に高価な材質を勧めているわけではなく、患者さんのことを考えてベストな治療法を提案しているのが、自由診療に積極的な歯科医院だと思います。
こういう歯科医院は、予防に力を入れているところが多く、比較的新しい歯科医院であることが多いようです。
そして予防に力を入れているということは、最新の歯科治療法にも精通しているともいえます。
今まで通われていた歯科医院がどうも合わない、という場合は、新しい歯科医院の方が意外に自分に合っていたりもするので、予防歯科に力を入れているところを中心に探してみると良いかもしれません。


TOPへ戻る